7号館CLASSIC

旧・7号館の5階。正視に堪えない記事は非表示にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

団円

私事で大変恐縮ですが、本日、4月1日をもちまして、晴れて社会人となることとなりました。



正直なところ、本当にこの身分できちんとやっていけるのかどうか自信がないのですけれども、それでもまあ、立場は人を育てるとも申しますし、自分の成長を信じて頑張っていきたいと思います。



つきましては、3年余りの長きにわたってだらだらと書き続けてきた当ブログでございますが、これを機に、ここで一区切りといたしたく存じます。



思えば、このブログを書いていたこの3年間は、本当に山あり谷あり。それでも、何とか乗り越えてくることができましたのも、皆様からの励ましとも蔑みともつかないようなコメントがあればこそ。大変感謝いたしております。ありがとうございました。



もう、皆様とお会いする機会もないかもしれませんが、きっと僕はまた、どこかで変な事件に巻き込まれて、大げさに悲鳴をあげていることでしょう。



それでは。




2009年 エイプリルフール
558号室の住人

スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

門出

090323.jpg



基本、自分に関することに対しては冷めている人間ですので、あまりこういうものを着用しようと思わないのですけれども、まあ学生生活最後ですし、こういう姿をみせるのも親孝行になるかなぁと、ペンギンルックで式典に出席した次第でございます。



正直、修士用のヤツは配色も形も文句なくダサい(と僕は思う)のですが、博士用のは見慣れてしまいさえすれば、そんなに悪くない気もします。



ガキの頃に放映されておりました『ビバリーヒルズ何とか白書』で、卒業式にみんながガウンを着て、一斉に帽子を飛ばす、なんていう場面がありまして、カッコイイ場面だなぁ、なんて当時は思っておりましたけれども。



あれから二十年。まさか自分がこんなものを着用する立場になるとは…。



もちろん帽子を飛ばしたりはしておりません。ウチの学科で同期で博士課程に進学したのは僕だけなので、一緒に飛ばす仲間がいないのです。だからって、一人で飛ばしてはしゃいじゃったりすると、やっぱりちょっと親不孝な感じですから。


---


卒業するまでは生きていてぇなぁ、って言ってくれていた祖父。できれば、この姿と証書を見せてあげたかった…。今はどこかで喜んでくれているんでしょうか…。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

下端

学会と申しましても、僕自身は発表も何もない予定でしたものですから、のんびりと参加させていただいておりました。


学会がこんなヒマでいいのかなぁ、と若干罪悪感にも似たような心地がしながらも、まあたまにはいいか、なんて。


---


そこへ、准教授殿から学会の主催者側に一本の連絡が入りました。曰く、ちょっと到着が遅れそうだ、とのこと。准教授殿は学会を掛け持ちしていらっしゃいましたので、前の学会から直接来られる予定でした。



ウチの教授を含む主催者側は、慌てました。後5分で次のセッションが始まるのに、その司会をやるはずの准教授が間に合わない、さあ、どうするんだ?と。



そして、みんな自分で司会をしたくないこの頭脳派のオジさんたちは、ふとあることに気づいてしまいました。



一人、ヒマなヤツがいるんじゃね?


---


その頃僕はといえば、指名手配されていたなんて、ちっとも存じ上げませんでしたから、平和にポスターセッションで説明を受けながら、へ~そうなんですか~、なんてやっておりました。



そこへ、「あ、いたいた」という声とともに、大人数のオジさんたち登場。あっという間に身柄を確保されまして。



ええ、やらせていただきましたよ、司会。圧倒的に僕の専門外の分野のセッションで、その上英語。参加者から質問がなかった場合は、司会が質問を無理矢理ひねり出さないといけないものですから、結構素で焦りましたけれども。



それにしたって、あの取り囲んだときの、オジさんたちのニヤニヤした笑顔といったら!


---


その後、夜のパーティー開始とともに、准教授殿ご到着。ちょっと出来過ぎじゃありません?

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

顔繋

出張より戻ってまいりました。時差ボケでしょうか、ちっとも眠くありません。



もともと行く予定ではなかったのですけれども、教授から『今後のこともあるし、行っておいた方がいいかもしれないね』と推されまして、卒業旅行も兼ねて行って参った次第でございます。



おかげさまで諸先生先輩方に、ドクターとれちゃいました、という報告をさせていただく機会ともなりました。皆様、喜んでくださいましてね。



何せ、一番下っ端くんが出来上がったわけですから。ええ、力いっぱいオモチャにされてまいりましたとも。


---


ここのところ、あまり学会参加に積極的ではなかったものですから、久々に諸先輩方とお酒を飲む機会に恵まれたのですが、驚きました。



なにやら僕の武勇伝が勝手に増えておりまして。Iタリアの件は言い訳しませんけれども、なぜか昨年のC国学会でも、夜にお店でおイタをして怒られたことになっておりました。それは僕じゃないんですけれども…。



やはり、適度な頻度で学会に出席した方がよいのかもしれません。火のないところに煙を立てるのが上手な方が多すぎますもの。煙、定期的に消さないと。


---


ちなみに出張先は明石の近く、神戸でした。目下午前5時。ハテ、僕の時間と日本標準時の時差は一体何時間あるのやら…。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

四重

出会いと別れの季節ですね。昨日はK国人留学生のB君のお別れ会がございました。ちゃんこを囲んで最後の晩餐。




20090226_01.jpg



なんか、あっという間ですね。ついこの間来たばっかりのような気がするのですが…



---



その後は研究室に戻って2次会。



帰れない子たちが5人。ソファーは一つ。



というわけで、M1くんたち4人で仲良く1つのソファをシェア。ソファを横に使って、上半身はソファ。足は椅子に載せて。



20090226_02.jpg



ダブル・ベッドをはるかに上回る、クワドラプル・ベッド。異様な光景です。



…え?一人足りない?



ああ、もう一人はM2なので、M1くんたちよりも立場がですし、もっと広い場所で寝ていらしたようですよ。



20090226_03.jpg



---



そういえば、Bくんからは、これでお別れだからって、お手紙を頂きました。



20090226_04.jpg



…Bくん、そんだけ日本語がうまければ、これからなんでもやってけるよ…。1年間お疲れ様。またね。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。