FC2ブログ

7号館CLASSIC

旧・7号館の5階。正視に堪えない記事は非表示にしました。

居眠

U宙研よりkyamaさんがいらしておりました。数値解析に関するワークショップがあって、僕も誘われて行ってきたのですが、なんというか、その、まあ、開始10分でねました。



さすがに発表者に悪いなと思って、誘ってくださったkyamaさんには申し訳ないのですが、一人分の発表を聞いて(聞いてないけど)出てきてしまいました。ゴメンナサイ。



居眠りする瞬間は格闘です。


『寝ちゃだめだよ。起きていないと、失礼だよ?』

『寝とけ寝とけ。ココで体力回復をはかったほうがイイに決まっているだろ?』


『本当にいいの?発表者にもkyamaさんにも申し訳ないんじゃないの?』


『そんなものは後で謝ればいいじゃん。寝とけ。』


最近は脳内アクマさんととっても仲良しです。



でもね。僕の右隣にいたおっさんなんか、寝てる上にイビキまでかいてましたから。まあだからといって僕が最低なことに変わりはないんですが。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

無為

というわけで、先日お話した、おかしいセミナーに参加してまいりました。収穫はあまりありませんでした。でも皆コレは意義があることなんだ!といって仲間内でものすごいプラス思考で、まあこれは見習うべきか、見習わないべきか…。



企業からいらしていたお姉さんが一人、なんかドクターでお金ないない、って皆言ってらっしゃいますけれど、それだったらこんなセミナー出てないで、資金獲得のための申請書書くなりなんなりしていたほうがいいんじゃないですか?とか言ってらっしゃいました。これには激しく同意。



基本的に世間がもてはやしているけれど、胡散臭いなぁと僕が感じているのは、『ものづくり』、『産学連携』、それから『学際的交流』です。



『ものづくり』は大学が研究としてやるものではないんじゃ?と思うし(プロジェクトならいいですが)、『産学連携』における学の役割は往々にして企業の雑務になりがちという、いわば企業主体の搾取の構造。『学際的交流』は深く話せば意味があるでしょうけれど、セッティングされたミーティング等でそこまで話が深くなることは経験上、まずありえません。



今回のセミナーはそのうち後の2つの要素が入っていたワケです。どうせ無駄な議論になるだろうな、と見ていて、その通り。企業の視点から見た大学院の博士課程はこうあるべきなんていう一方的な結論がでてみたり、浅く共通理解に至らない学際的交流があったり。なんか、こういうことは進歩がないなぁと、ただただ眺めておりました。




長々と書いてしまいましたが、今日僕が一番言いたいのは、某企業Uシンから研究室に届いた来年のカレンダーは、「ほしのあき」だということなのです。

061219_2007calendar.jpg


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

遠出

多摩湖とか行ってました。チャリで。



061217_tamalake.jpg




チャリで遠出は結構久しぶりです。というわけで、目下心地よい疲労感に浸りながら、なんとなく眠気が差しつつある状態です。


さて、とりあえず、明日の講義のためにプログラムを一個組まなくてはならなくて、今週末には某学会の前刷り原稿を提出しなくてはならないのですが、あと数時間でどちらも片付いたりは…やっぱりしないでしょうねぇ…。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

交流

来週あたりに博士課程交流なんたらかんたらとかいう討論会のような変な催し物に出ることになってしまっております。まあ押し付けられたタスク、ということです。



出るとはいえ全然興味がないので、いろいろ送られてきた書類とかもスルーしていたのですが、さっき良く見たら、一体何を討論するやらサッパリ…。しかもコレで一日拘束。あ~、なんてことだ。



謝金の書類も来ていたので、そっちも見たら、どうやら6,000円ほどでるらしいです。1日拘束されて6,000円かよ、という感じはしますが、まあ、次の日の忘年会費用ですか。



…と思っていたら、その下にもう一言。

『ただし、当日の昼食代として1,000円、懇親会費として2,000円を徴収します。』



061211_nanjakora.jpg




えーと。こういう場合はジャロに問い合わせればいいんでしたっけ?それともオー人事すれば…??

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

手段

研究室での飲み会から戦闘離脱したい人のためのガイドライン



1.開始前にバッグ、コート等は実験室に移動しておく。



2.開始30分前にはヨーグルト等の乳製品で胃袋をコーティング。



3.開始後、飲み偏差値10以下の人たちの隣には座らない。



4.ある程度他の参加者の酔いがまわったら、自然にトイレに立つ。



5.そのまま実験室にて荷物を回収後、帰宅。



6.気づいた酔っ払い達が、携帯に電話してきたら、着信拒否。



研究室にて、コートを着たり、バッグを持ったりして、飲み偏差値30以下の人たちに見つかると、離脱不可となり、10以下の人に見つかると、ハンティングされます。十分お気をつけください。



そうそう、昨日は4年生卒論審査終了飲み、お疲れ様でした。
未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 |
| HOME |