FC2ブログ

7号館CLASSIC

旧・7号館の5階。正視に堪えない記事は非表示にしました。

要領

~学部生用講義『学生実験』 指導のガイドライン~



【1】前日中に後ろ向きな言葉を吐きながらセッティングをする。音楽をかけておくと、言葉の内容は回りに聞こえない(はず)。覚えておくと便利な表現:『めんどくさ~』



【2】当日午前中に試験作動させ正常作動確認。上手くいかなければ、その日の実験は中止にできる。残念ながら、大概上手くいってしまう。というところから、マーフィーの法則も正常作動確認。



【3】時間節約のため、あらかじめ買っておいた昼食を研究室でひとりでさびしくモソモソやりながら、昼食に行く研究室の同僚を恨めしそうに見送る。サブウェイのサンドウィッチと同僚の苦笑いをエネルギー源にする。



【4】開始5分前までには、すぐに作動できる状態にしておく。すべての計測装置及び営業用スマイルのスイッチをON。目に入ると危険なので、これより後は実験室には受講学生以外の立ち入りを禁ず。



【5】学生がそろったら最初に実験の解説を行う。彼らの目線に立って話すことを心がけること。ただし教授が様子見に来ることがあるので、ドアノブの動きには細心の注意を払っておく。



【6】実験開始。ただただ、生暖かく見守る。もっともヒマな時間帯だが、学生にはそれを悟られないように、ここでは笑顔を消して装置をにらんでおくとよい。機器の誤作動と自分のアクビに注意。



【7】実験終了後、もう一度営業用スマイルをすることが望ましい。ただし、彼らのほとんどは、今後人生で二度と会わない人間なので、この作業を忘れても差し支えはあまりない。



【8】実験データを学生に渡す用にCDに焼いておく。明らかに上手くいってなさそうなら、上手くいった回のデータとすりかえることを本気で検討する。



【9】2週間後にレポートを受け取る。ブログのネタになりそうな記述がないか探す。表紙1枚だけ提出、とかではない限り、成績に関しては内容に関わらず“大人の対応”をすることを心がける。



【10】以上の一連の作業を全グループ分が終了するまで繰り返す。毎回終了後、顔面のキンニクのストレッチを忘れないように。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

増殖

071019_angels.jpg


未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |

夢幻

071018_angels.jpg


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

餃子

都内某所。


071006_nightview.jpg



32階の1室を借り切って、高校の同期6人で手作り餃子パーティー。


071006_gyouza.jpg



~ メニュー ~


【餃子】

普通の餃子。オーソドックスな作り方。大変美味。



【にんにく餃子】

にんにくをすりおろさずに、丸々入れたとても男らしい餃子。実は美味しい。



【チョコ餃子】

チョコベビー入り。高校時代にたびたび訪れた某餃子店Lの懐かしい味を再現。不思議な味わい。



【ワサビ餃子】

薄い肉の層の中にたっぷりのワサビ。熱い大量のワサビは、容赦なく人間の呼吸能力を奪う。



【皮餃子】

余った餃子の皮を具にした餃子。無味。食感が大変悪い。



【みかん餃子】

薄い餃子の皮が透けて、中からオレンジ色の何かが見える、とてもフルーティーな餃子。肉と果物が絶妙なハーモニーをかもし出して、不味い。



【ラムネ餃子】

ラムネ、もしくはワタパチの入った餃子。ラムネのさわやかな甘味が口いっぱいに広がる、なぜかとてもジューシーな餃子。大変不味い。



【みかんラムネチョコ】

餃子ですらない。肉が入っていないため、スイーツだと思って食べれば、それはそれで美味しい。気づかず醤油につけた瞬間、即死。





美しい夜景をバックに、お酒の入ったグラスを傾けながら、餃子で苦しみもだえる。新しいオトナの休日の過ごし方の提案です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

汚点

学会同行者の皆様からイタリアでの写真をいただきました。



お約束の寝顔から酔ってヘロヘロになっているところまで、消し去りたい過去がいっぱい…。この人たちと一緒に旅行をする限り、『旅の恥はかき捨て』なんて大ウソです。捨てたはずの恥をカメラがきっちり拾ってますから。



僕が撮った分のデータも皆さんにお分けしたいのですが、これこそまさに実家に忘れてきてしまいました。本当に昨日の自分の行動が悔やまれます。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋味

長期出張で帰ったばかりで疲れた、でも冷蔵庫の中身もないし…。そんな時、3分でお手軽に出来るのは、何もカップラーメンだけではありません。



そう、由緒正しく研究室に伝わる伝説のメニュー、さんま丼



①ゴハンを暖めましょう。

071001_before.jpg



②サンマをのせましょう。

071001_after.jpg




ゴハンの水分で薄まった缶詰独特の不思議なタレの味と、秋の風味と、あと、ちょっぴり涙の味がします。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |