FC2ブログ

7号館CLASSIC

旧・7号館の5階。正視に堪えない記事は非表示にしました。

四重

出会いと別れの季節ですね。昨日はK国人留学生のB君のお別れ会がございました。ちゃんこを囲んで最後の晩餐。




20090226_01.jpg



なんか、あっという間ですね。ついこの間来たばっかりのような気がするのですが…



---



その後は研究室に戻って2次会。



帰れない子たちが5人。ソファーは一つ。



というわけで、M1くんたち4人で仲良く1つのソファをシェア。ソファを横に使って、上半身はソファ。足は椅子に載せて。



20090226_02.jpg



ダブル・ベッドをはるかに上回る、クワドラプル・ベッド。異様な光景です。



…え?一人足りない?



ああ、もう一人はM2なので、M1くんたちよりも立場がですし、もっと広い場所で寝ていらしたようですよ。



20090226_03.jpg



---



そういえば、Bくんからは、これでお別れだからって、お手紙を頂きました。



20090226_04.jpg



…Bくん、そんだけ日本語がうまければ、これからなんでもやってけるよ…。1年間お疲れ様。またね。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

二週

『スタンプラリー的なアレ』と申しますのは、学位審査をしてくださった先生方に出来上がった論文をお持ちして、それと引き換えに書類に印をいただく、という作業のことです。



そんなの大したことないように思えるかもしれませんけれども、これがなかなか大変な作業でございましてね。何せ、“キョウジュ”というのは、会議だ講義だと大変お忙しい生物でして、うっかりするとツチノコよりも捕まえるのが大変なのです。



しかも、生息地域というのがそれぞれ異なっておりまして、Hキャンパスに生息が確認できるキョウジュはいいのですけれども、残念ながら電車と徒歩で2時間近くかかる辺境の地に生息するキョウジュもいらっしゃいますので、なかなか骨の折れる作業なのです。



そんなこんなで辺境の地巡りも終わり、本日Hキャンパスにて、5つの印のうち4つ目の印をTキョウジュからいただいている最中に、事件は発覚いたしました。



T教授:『あれ、1枚しかないの?』

僕:『は?』

『いや、この書類、2つ同じものを作って2枚とも提出するんじゃなかったっけ?』

『え、2枚それぞれに印をもらわないといけないんですか?』

『うん。いつも2回押す記憶があるもん。』

『………。』

『………。』



スタンプラリー2週目決定



今週木曜日が提出期限です。それまでにそろわないと卒業できません。そして水曜日は祝日です。残された時間は後わずか!間に合うか!?間に合うのか!?



間に合ったらご報告いたします。間に合わなかったら、特に何も申し上げませんから、そのときは何も聞かないでください。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

押印

またまたご無沙汰です。今はスタンプラリー的なアレをやっている最中です。書類だ何だかんだと合わせて、あと1週間ぐらいといったところでしょうか?それで全てが片付く予定です。


---


もうお酒が入っておりまして、何かモノを書くのがメンドウなものですから、音楽貼りつけて本日は終了ということで。



火の鳥



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |