7号館CLASSIC

旧・7号館の5階。正視に堪えない記事は非表示にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

美学

余裕をもって仕事をこなしていくのもカッコイイですが、ギリギリをすり抜けていくというのもまた美しいものです。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<贈物 | HOME | 修羅>>

この記事のコメント

ということはすりぬけ成功したのですか。
おめでとうございます。
2008-01-25 Fri 13:34 | URL | さる #-[ 編集]
いえ全然まだです。
いますり抜けるかどうかの瀬戸際です。

ギリギリ・アウトというのもネタ的にはおいしいかもしれませんが。
2008-01-25 Fri 13:58 | URL | 558号室の住人 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。